ココ日本で生活していますと、蛇口をひねりさえすれ

ココ日本で生活していますと、蛇口をひねりさえすれば水はいくらでも出てきます。その有り難みをおのずと忘れ去ってしまい、お茶碗を洗う時にもそうしてお風呂に入る時にも、水を無駄にしているのではないかというのです。もしかして(最も若い人は)水を無駄に取り止める戦法さえ知らないままなのかもしれません。かく言う私もその1個人だ。以前、広範囲台風につき四方一帯が浸水し、水道を思うように使えない折がありました。水洗トイレも使いものになりませんし、歯を磨くことも顔を洗うこともできなかったのです。ここには必ずや参りきりました。私たちのライフと水はこれ程密接な結び付きがあったのか、って再び思いました。水がなければ正に手も足も出ないという実情だったのです。その時はじめて「水を無駄に取り止める持ち味」を僕は学んでこなかったことを痛感しました。津々浦々を見渡せば水道は至るところにありますし、店によっては温水さえ出ます。ただし、いつ地球程度で「水不足」になるか分かりません。水が原因で合戦も起こりかねないのです。ストレート言いまして、生まれてきてからこの方、ずっと水道のお世話になってきたパーソンにとりましては「水不足」と言われてもぴんと欠けるところがあります。但し諸外国の水不足を他人事として捉えるのではなく、わが案件として考える習慣をつけるのも大切なのではないかと思いました。http://www.uggnihon.net/

ココ日本で生活していますと、蛇口をひねりさえすれ